現在のつわり治療・安産治療

林鍼灸整骨院,つわり治療

つわりがひどくてお困りの妊婦さん、当院で治療を受けてみませんか!

 

私ごとになりますが、私の妻が妊娠中に「つわり」が出て辛い状態になった時、鍼と灸と円皮鍼で治療しました。

 

以下、その時のことを記します。

 

彼女は日ごろから・冷え性腰痛首〜肩のコリ便秘耳鳴りなどの症状を抱えていて決して「健康!」とは言えません。

 

彼女の母親も出産時には大変な「つわり」を経験していたようで、「お母さんもひどかったから私ももっとひどくなるのかな…」と心配していました。

 

妊娠2か月目に入った時、食べても食べてもお腹が空いて食べてばかりいました。

 

特に油っ気のあるものが欲しくなり、夜中にハンバーガーを買いに行かされました(その時、私も食べました!)。

 

ご飯が炊き上がる臭いを嗅ぐと「気持ち悪い〜!」と顔をしかめていました。でも、ご飯はよく食べていました。

 

その頃に彼女の脈や舌の状態などを見て総合的に判断し鍼と灸の治療をしました。

 

そして、彼女の全身のバランスを整えるツボに円皮鍼を貼りました。

 

翌日、彼女からは「なんか胃のむかつきが治まってきたみたい」と早速いい兆候がみられました。

 

そんな感じで何回か治療をしていき、無事に臨月を迎えられたのでした。

 

並行して「安産灸」も行っていたので、楽な出産となりました。

つわり治療は身体に刺さらない鍼と手技だけで治療しています。

 

身体に刺さらないから全く痛くありません。

 

強くもんだりなど荒い手技もしていませんから安心して治療を受けてもらえます。

 

安産治療はお灸を使わずに小児鍼(身体に刺さりません)を使用していますので熱くも痛くもありません。

当院では、積極的に快適な「妊娠ライフ」と「安産」を応援しております。

 

是非お気軽にご相談ください。

 

小児鍼

 

東洋医学の考え方に「心身一如」といものがあります。心と身体は一つのものととらえます。

 

子供ばかりでなく大人でも同じですが、心の模様が身体の各症状となり現れます。

 

荒れた心だと胃を壊したり、皮膚に出来物ができたりします。

林鍼灸整骨院,つわり治療

 

同様に身体を綺麗にしてあげると心も綺麗になります。

 

当院では小児専用の「刺さない鍼」で治療をします。

 

ですから、

 

・まったく痛くない

 

・怖がらない

 

・気持ちがいい です。

 

治療は親御さんにもわかりやすいように説明しながら行います。

 

子どもの身体を優しく治療してあげることで気の滞りをほぐし、全身の気血のめぐりを良くします。

林鍼灸整骨院,つわり治療

 

そうすることで心がなごみ表情や行動が穏やかになっていきます。

 

次のような症状のお子様が対象です。

 

・0歳〜12歳くらい

 

・疳の虫(夜泣きが激しい、突然奇声を発する、自分の頭を自分で叩く、噛みつくなど。

 

産まれてくる前(妊娠期)や出産時に何らかのストレスを母親が抱えていた場合などによく見られます。)

 

・夜尿症

 

・アトピー性皮膚炎

 

・便秘

 

・食欲不振など

 

※治療回数の目安

 

軽いもので連続3回位

 

重いもので連続10回位

 

放っておくと小児の症状は再発してしまうので月1回〜2回の定期的な治療をお勧めします。


TOP 院長挨拶 料金表 院内設備 つわり治療・小児鍼 リンパマッサージ 花粉症・アレルギー